実際、副業はすると法律違反になるの?

景気が悪く給料がなかなか上がらないこの時代、昇給に期待するよりも手堅くお金を稼ぐために副業をしている会社員が増えています。

 

副業をしている人は増えていますが、副業をしている事を会社に申告している人は少ないと思います。

 

というのも、大抵の会社が副業を禁止していることがその理由になります。

 

 

会社の規定で禁止されている副業を行い、いざそれがばれてしまうと注意を受ける可能性があります。

 

 

ですが、会社員が副業をすることは本当にダメなのでしょうか?業務中に副業をすることはもちろんダメですが、勤務時間以外の時間に働くことを会社が規制することなんて出来るのでしょうか?

 

 

会社員の副業に関して法律で禁止されているかと言うと、実際は法律上はまったく問題はないのです。

 

 

本業で仕事をしている以外の時間はその人個人の自由なのです。もしもバレたとしてもそれを理由に罰則を与えるなんてことはできないのです。

 

では、副業をするにあたって罰則を受ける事になるのはどのような場合なのでしょうか?
本業の仕事に支障をきたさないこと

会社で働いている以上、その仕事に対して副業が支障をきたすことがあってはいけません。副業をする為に仕事を残して定時に帰る、副業をして疲れてしまい、遅刻をする・仕事中に寝る、なんてことは当たり前ですけどNGです。

 

 

副業をしている際、本業の名誉を傷つけない。

副業先などで、本業の内部事情を話したり、会社の給料のことを話す、本業の悪口を言うなど、会社の名誉を傷つけるようなことをしてはいけません。これも当たり前のことですね。

 

 

会社の資産・知的財産を無断で利用しない。

会社のパソコンやコピー機などや、会社が持っている情報などを勝手に副業で利用してはいけません。当たり前ですが、本業での資産は本業の仕事をする為に利用するものです。勝手に副業のために利用するなんてことがあってはいけません。

 

 

 

以上のように、副業をすることに対して法律上は禁止できるわけではありませんが、副業で本業に対して影響するようなことをすることをすると、訓告・減俸・解雇などの処分を受ける可能性が十分にあり得ますので注意しましょう。

 

 

副業をすることが会社にとって不利益になる様なことがあると、会社側から罰則を受けてしまったり、最悪クビになったり訴えられたりすることも十分に考えられますので、副業をするのであれば無理のない範囲で行う方が無難です。

 

 

もしも本業に支障のない範囲で行っていて、それがばれてしまったとしても会社側から罰則を下す事は出来ないので安心しましょう。

 

 

副業の収入によって税金が変わり、それが経理にばれた場合、副業などなんらかの副収入を得ていることが会社側が知ったとしても、それを確認する事は個人情報になるので会社側にすることはできません。もしも聞かれても答える必要なんてないんですよ。

 

 

⇒ サラリーマンで副業をお探しの方はコチラ