今月からついに始まりますね『マイナンバー』

平成27年10月からついにマイナンバー制度が開始されましたね。マイナンバー制度という言葉は聞いた事があっても、その仕組みを詳しく知っている人はまだ少ないのではないでしょうか?たいていの人がマイナンバー制度は一人一人に番号が割り振られる程度のことしか知らないとのアンケート結果もあります。

 

 

マイナンバー制度が始まる事で、副業している人が会社に副業をしていることがばれてしまうという噂もあります。はたしてマイナンバー制度が始まったら副業をしていることがばれてしまうようになるのでしょうか?

 

 

もしもばれてしまうのであれば、風俗など人に知られたくないような仕事を副業としている人達が次々と辞めていってしまいかねませんが、はたして本当にマイナンバーによって副業していることが本業にバレるようになるのでしょうか?

 

まずはマイナンバーについて・・

まず、マイナンバー制度とはどのようなものなのか調べてみました。マイナンバー制度にあるマイナンバーとは、その名の通り国民一人一人に振り分けられる12桁の番号のことをいいます。日本に住んでいる、正確には日本の地区に住民票がある人すべてにマイナンバーが決められ、その数字は一度決められると生涯変わることがないそうです。

 

 

では、このマイナンバー制度のメリットとは何でしょうか?それは、マイナンバーを振り分ける事によって、国や地方の行政機関や公共団体での手続きなどの際、マイナンバーを利用することで同じ人の情報の確認が容易となり、様々な手続きの際の連携がスムーズにいくようになります。

 

 

また、所得情報がマイナンバーによって管理されることにより、様々なところで収入があってもそれを確認する事が容易となり、脱税などの所得隠しなどをしている人が分かるようになります。

 

 

また、生活保護を受けている人が他に収入がないか、所得を隠して生活保護を不正に受給していないかなども分かるようになります。

 

 

さらに市役所での様々な申請の際に必要となってくる添付書類が省略できるようになります。例えば、年金を申請する際、現在では所得証明書が必要となるのですが、マイナンバー制度によってこの所得証明書の提出が必要なくなるのです。

 

 

以上の様に、マイナンバー制度によって、行政機関の手続きなどが簡略化されることによって業務効率が向上し、不正受給や所得隠しなどの不正を防ぐことが出来るようになるんです。

 

 

では本題の副業がばれるのかについては?

では最初に述べたように、マイナンバー制度によって副業している人の情報が本業の会社にばれてしまうようなことがおきてしまうのでしょうか?

 

現在ではネット上でマイナンバーによって副業がバレるなどの情報が飛び交っていますが、答えから言うと、マイナンバーによって副業の情報が本業にばれてしまうということは起こりません。

 

 

マイナンバーはあくまでも国や地方自治体などの行政の効率化を目的としているため、マイナンバーで集めた情報は行政でのみ利用されることになっています。本業での会社、副業先でもマイナンバーの提出は義務となっていますが、本業と副業先の情報が共有されることはありません。

 

 

この情報を管理するのは行政ですので、マイナンバーが導入されたからといっても副業をしている事が本業に伝わる事はありません。

 

ですが、副業をしていればその所得によって住民税が変わってくることとなり、住民税が変更している事が会社に伝わることになるので、そこから副業をしている事がばれる事はあるでしょう。これをさけるためには確定申告をしっかりと行っておく必要があります。つまりマイナンバー制度が副業をしている事がバレる直接的な原因となるわけではないんですよ。

 

 

とはいっても、マイナンバー制度には様々な問題があるといわれています。今後は銀行口座などの情報を紐付けたりするなど、個人の重要な情報も引き出す事の出来るような番号を国民一人一人に与えるため、これが他人にばれてしまった場合、犯罪などに巻き込まれるようなことになりかねない。

 

 

また、最近あった年金情報の流出もありましたが、マイナンバーの情報も流出しないとは言い切れません。こんなに大事な番号なのにそれをばれないようにする対策として国が挙げているのはマイナンバーの書かれたカードの部分を隠しましょうなんですよ(笑)ありえませんよね。

 

 

マイナンバーにはメリットもありますが、それ以上に多くの問題があるのですが、始まってしまったのでもう仕方がありません。大事な番号が人にばれない様に各自が気を付けなければいけないそうです。

 

とりあえず、マイナンバーから副業をしている事がばれるわけではないので安心しましょう。

 

 

⇒ サラリーマンで副業をお探しの方はコチラ