確定申告とは?

確定申告はとは1月1日から12月31日の1年間に所得を得た人に対して、それに対する所得税の額を計算し、次の年の2月16日から3月15日までの期間に、1年間の収入から必要経費を引いた額を所得として計算し、様々な控除を引いたのちの金額が課税の対象となる所得となり、それに対する税金を確定申告書を用いて税務署に納める手続きの事をいいます。

 

 

税金を支払うだけではなく、源泉徴収や予定納税などで支払いすぎてしまった分を戻してもらうことも可能です。

 

ちなみに足りない分の税金を納める手続きを「申告納税」、支払いすぎてしまった税金を還付してもらうための手続きを「還付納税」といい、確定申告には2種類あります。

 

「還付申告」の申告期間は次の年の1月1日から3月15日と「申告納税」よりも1月半早く申請が可能となります。

 

通常、国へ納める税金は納税者が自ら税務署へ行って申告を行うことでその年の納税額が決まり、その納税額を納税者が個人で納税する制度となっています。会社で働いていない個人の場合はこの手続きをすべて自分で行う必要があります。

 

 

しかし、サラリーマンなどの会社で働いて給料をもらっている給与所得者は、毎月支給されている給料の中から所得税が自動で天引きされており、その額がたとえ多かったり少なかったりしても、年末調整によって細かく計算されて調整しているため、基本的には確定申告をする必要はありません。

 

 

これはあくまで会社からの給料のみの所得の人の場合です。

 

副業をして会社の給料所得意外に収入がある人は確定申告が必要となる場合があります。

 

副業分は自分でしなければいけません

副業によって年間に20万円以上の所得があった場合は確定申告をする必要があります。副業をしていてもその収入が20万円を越えなければ確定申告をする必要はありません。

 

 

副業をしていて20万円以上越えていても確定申告をしていない人も多くいますが、その収入は税務署はしっかりと把握しているため、調べられたら税金を納める必要が出てきます。

 

 

稼ぎ過ぎて税務署からチェックされた場合、不足分の税金を支払うように通達が来る可能性があり、その場合は確定申告の期間を越えてからになるため、追徴課税が発生してしまいます。

 

 

通常納めるべき金額に対してさらに上乗せされてしまうため、給料以外に副業をし、その副業で得た額が20万円を超えてしまっている場合は必ず確定申告をして不足分の税金を納めるようにしましょう。

 

年間の所得が会社の給料と副業分の給料を合わせた額になり、その所得額に対して所得税や住民税が決まります。

 

会社の所得に対して税金が多くなっているため、経理の人からすればすぐに副業をしていることが判明します。副業を禁止している会社は多いですので、それによって副業をしていることがばれてしまうケースもあります。

 

 

バイトなどの副業で20万円以上稼いだ人は、必ず確定申告を行うようにしましょう。

 

 

⇒ サラリーマンで副業をお探しの方はコチラ