ストックフォトって知ってますか?

副業にも様々な種類があり、一般的な副業と言えばコンビニやファミレスなどの飲食店や、新聞配達などの本業以外にもう一つ働く場所を見つけて働く方法です。

 

また、自宅にいながら行う事に出来る副業もあります。ブログやサイトなどを運営してその広告収入などでお金を手にすることの出来るアフィリエイトや、内職や株・FXなども自宅でも行える副業です。

 

ですが、それだけではないんです。カメラがあればお金を稼ぐことが出来る副業があることを知っていますか?

 

これはストックフォトといい、自分で撮影した写真を実際に販売してその収益の一部を給料としてもらうことのできる方法です。

 

 

今まではカメラで写真を撮って稼ぐなんて方法はプロのカメラマンしかできませんでした。プロでなくても、写真のコンクールなどに出展するなどして名前を売ってようやく自分の撮った写真で生計を立てることができるようになったなど、素人にはかなり高い壁があり、写真で稼ぐことができるのはごく一部の人のみでした。

 

 

ですが、今では時代が違います。カメラとインターネットに繋がるもの(パソコン・スマホ・タブレット)があれば、一般の人でも写真でお金を稼ぐことができてしまうんです。この方法が上述したフォトストックというやり方です。

 

 

フォトストックはフォトライブラリー、フォトリア、ピクスタなどなど多くのサービスが存在しており、その中から自分が写真を販売したいところを決めます。サービスによっても異なりますが、1枚数百円〜数千円で写真を販売し、写真が売れた場合はその販売価格の内4割〜6割程度を報酬としていただくことができます。

 

 

例えば800円の写真が10枚売れたら、4〜5千円が自分の元に入るわけです。今では数千枚もの写真を簡単に保存することができますし、写真を撮ったり送ったりするコストはほとんどかかりませんので、うまくいけば楽お金を稼ぐことが出来ちゃいます。

 

 

ですが、そんなにうまい話があるわけがありませんよね。実際に写真を販売してもらうためには、厳しい審査を通る必要があります。審査を通ったものだけが販売されるのです。また、審査を通ったとしても、誰も購入してくれなければ1円にもなりません。

 

 

中には50枚も審査に通っているのに、1ヶ月で1枚しか売れなかったなんて人も多いんです。
ですが、フォトストックで月に数十万円も稼いでいる人が居るのも事実です。

 

 

カメラの技術はもちろんですが、他の写真にはない独自性であったり、人を引きつけるような写真を撮ることができれば、一攫千金もゆめではありまえん。ただ趣味で撮った写真では売れる可能性は低いので、売れる写真というものを意識して撮るといいですよ。

 

 

もしも写真で稼ぎたいと思うのであれば、しっかりと情報を集めて、どのような写真が売れるのかを頭に入れて撮るようにするといいですよ。

 

 

ノーリスクですが、稼げるかどうかは写真の技術だけでなく運でも左右されるといいます。手堅く稼ぎたいのであれば、写真で稼ぐよりもバイトをした方がよほど早く稼ぐことができますので、そこを念頭に入れた上で始めた方がいいですよ。

 

 

⇒ サラリーマンで副業をお探しの方はコチラ