副業する前に読んでおいたほうがいいですよ

副業と聞くと、本業の他にも儲ける事が出来て羨ましいなんて思う人もいます。

 

しかし実際副業するのは大変です。時間に追われる、体調管理、しまいにはどちらが本業か判断できなくなるなんて声も聞きます。

 

体調が悪いとついボロが出て、副業がばれてしまうなんて事もあります。副業と本業の線引きが曖昧になり、副業がばれちゃったというケースもあるのです。

 

ではなぜ副業がばれてしまうのでしょうか。

 

税金関係でばれる

副業をすると収入が2社以上から出る事になります。副業の会社から得た収入が20万円以上だった場合、確定申告をする必要性があります。

 

この時注意しなければいけないのが住民税の支払い方法です。通常の場合だと給料から天引きされるのですが、これは各市町村から会社に住民税の書類が送付される事で会社側が給料から差し引き、市町村に納付する仕組みになっています。ここで本業の経理担当者が「支払っている給料よりも税額が高くなっている」と疑問に思うと大変です。調べられたり詰め寄られたりして、実は副業していた事が発覚してしまいます。

 

副業がばれない様にやりくりしている賢い人達は、住民税を支払う際に会社の給料から差し引きされない様に工夫しています。確定申告をする際に様々な記入ヵ所があるのですが、その中で「住民税・事業税に関する事項」という欄があります。住民税の徴収方法を選択できる様になっているのです。ここに注目し、「自分で納付」にチェックします。これで住民税の支払いは自分で行う事になり、本業の会社にばれる危険性が回避されます。

 

税金関係面倒だから、最初から確定申告しなければ良くない?という意見の人もちらほらいます。しかし、これこそ副業が会社側にばれる最短ルートになってしまいます。 副業先は、給与として支払ったことを証明するための「支払調書」を提出しているため、税務署が税金を徴収するために本業の会社に連絡する可能性もあります。税金を納めないのは絶対にNGです。

 

副業先で会社側の人間と会ってしまう

いくら接客業をやってみたいと思っても、会社にばれる心配を抱えながらでは長続きしません。接客の少ない裏方の仕事など地味目な副業を選んだ方が良いでしょう。コンビニバイトで副業中、職場の仲間が来て焦って奥へひっこんだ。水商売の副業中に上司が客で来て、たちまち副業がばれてしまった。この様なエピソードは決して稀ではありません、気を付けて下さい。接客業じゃないからと安心するのはまだ早いですよ、副業の帰りに会社の人とばったり会ったり、なぜこの人がここに!?なんて信じられない事が起きる事は結構あるのです。会社と離れた場所で副業しているからと言って安心しないで下さい。

 

副業を人に話してしまう

例え信頼できる同僚だとしても、会社側の人間に副業の事実を伝えるのは避けて下さい。同僚から先輩へ、上司へ、上層部へ・・噂は会社中に広がります。特に自分が成功してきた時は要注意です。本業がうまくいっても副業がうまくいっても、周囲は快く思わない可能性があります。最初は憐れんで応援していた同僚も、相手が成功すればたちまち妬みに変わります。何だか悲しいですが、それが人間というものです。会社関係には副業の事を一切喋らない、できたら友達にも口外しない方が安全です。

 

忙しすぎる副業を選んでしまう

忙しすぎて体調を崩せば、会社側が心配してくれるのは最初だけです。次第に疑いに変わります。副業を入れ過ぎて本業に支障をきたすと、体調にも行動にも表れてきます。人はこの様な変化を細かく察知しますので、ゆとりが一切ない副業は避けた方が無難です。あくまで副業、本業の方が大切だという信念をしっかり持ちましょう。

 

 

⇒ サラリーマンで副業をお探しの方はコチラ